終わり  ありがとう御座いました。

10:08

18日(月) 岐阜13:00〜19:30青木鉱泉(車中泊)

19日(火)青木鉱泉6:37---6:45中道分岐---6:54ドンドコ沢---9:25南精進滝9:40---11:59白糸滝---13:50五色滝---15:40鳳凰小屋

20日(水)鳳凰小屋6:30---7:42地蔵岳---9:57観音岳---10:56薬師岳11:00---11:59昼食12:14---12:19御座石---14:48林道---15:33青木鉱泉
6:26 我が愛車;随分、車中泊で使っています。駐車料金:一日¥750

19日  今回は、青木鉱泉から鳳凰三山を巡って中道を下って、青木鉱泉への周回コース。
     今日は、ドンドコ沢の登山道を登って、鳳凰小屋でテント泊。先回は夜叉神の森から南御室小屋でテント泊して地蔵岳までのピストンでした。
     地図では、6時間ほどの工程。目的は、「蓮華升麻/鳳凰沙参」の花を撮ること。蓮華升麻は、ドンドコ沢のどこかに。鳳凰沙参は稜線上のどこかに。
     登山届を書いて、出発。青空が広がるドンドコ沢に出て、登山道を登って行く。一時間ぐらい登ると、勾配が急になってきた。
     蓮華升麻が咲いていないか探しながらゆっくりと登る。一輪の蓮華升麻を登山道脇に見るが、一輪だけだったので、他に咲いていないかしばらく注意しながら歩いて行く。
     一株あったので期待したが見つからない。仕方がないので戻ってこの一輪を撮る。気を取り直して又、ゆっくりと登って行く。
     登山道は、かなり荒れている。(こんな道、北アルプスには無い。)雨水で、えぐられ根はむき出し。足を膝以上に上げないと登れない。
     キツイ登り。首にはマクロレンズを付けたカメラ1.5kg、背中にはテント・食料が入ったザック。2時ぐらいに着けばいいと思っていたが着いたのは三時半。
     小屋に着いて、テントの手続き¥800そしてビール¥600。ランの花だけど、名前が分からない花の写真をオナーに見てもらうと、すぐに「ヒメミヤマウズラ」と教えてくれた。
     お礼を行って、テン場へ。設営後、水汲みと、ビールを買いに小屋へ。トイレはテン場の近くで便利そして、割と綺麗でした。満天の星空で明日の花山行に期待して就寝。

20日  昨日、一輪ではあったが「蓮華升麻」を久々に見た。今日は「鳳凰沙参」初めて見る花だが。小屋の花壇に「ヒメシャジン」を見たが、
     ホウオウシャジンは葉が細く岩の割れ目などから垂れ下がるように咲く。稜線上で見ることが出来ると、小屋の方が教えてくれた。
     小屋から、地蔵岳までの登山道はそんなに荒れていなかった。ただ砂地の急な登りで、靴底をしっかり地面につけて、ゆっくりと登る。

    地蔵岳の標識に着いて休憩。この時は、まだ富士山方面が望めたが、しばらくして雲に覆われて見えなくなった。北岳方面は終日大丈夫だった。
    稜線は、タカネビランジがいたるところに咲いていて中々先に進めない。凄いの一言。タカネビランジを見るなら今頃が一番良さそうだ。
    今日の目的の「ホウオウシャジン」を探す。観音岳から薬師岳の間で見る事が出来た。
    中道は薬師岳の道標を背に東の尾根に付いている。降り口は砂地なので、踏み跡がハッキリしない。薬師岳のピークを左上に見て下降する。
    しばらく下ったが、花も無さそうなので、カメラをザックにしまってヒタスラ下山。
     今回も、駐車場で車中泊して翌朝帰ることにしているので急ぐことは無いのだが・・・。

    

6:37  登山届を記入して出発。
 
6:37          青木鉱泉の宿

19日

6:45    ドンドコ沢のルートは右側を、中道ルートは左です。
6:54    青空が広がるドンドコ沢のルートに入ります。
7:39     九折の登山道。この先がもっと凄くなっているとは。
ドンドコ沢は所々に小沢を渡ります。
9:29         南精進滝
9:54         ここでも休憩。 
10:00         一口飲んで通過。
鳳凰の滝を見にザックを置いて行きます。
10:35 途中から踏み跡も分からなくなりました。無理をしないで戻りました。
登山道から横道に入ってすぐの所に白糸滝がありました。
11:59         白糸滝
ザックを置いて、降りて行きました。
降りていくと、ベニヒカゲが蜜を求めて飛び交っていました。
13:50 五色滝滝壺まで降りていけますが、帰りがしんどいのでやめました。
14:11 小屋が近くなったのか、整備された登山道です。でも階段はつらい。
14:53   もうじき小屋です。虫を撮って遊びました。
15:11    ミヤママルハナバチ

薬師岳;2,780m
観音岳;2,840.4m
地蔵岳;2,764m

鳳凰三山

一日目

二日目

20日

15:01      ミヤマヒラタハムシ
15:10       ベニヒカゲ
16:11  テントの設営が終わりました。ビールを買いに行きます。
16:14      今日のテントは、15張り。
切り餅2個。箸でつまめるぐらいで。
味付けは、お吸い物の素で。
6:30    小屋のオナーに挨拶して出発。
7:08   意外と早く稜線が見えてきました。右奥に地蔵岳が見えます。
7:10 予定通り稜線に着くかと思っていたら、大株のタカネビランジが邪魔をしました。
7:11      この大株も綺麗です。
7:30   や〜登ってきた。 地蔵岳が目の前に現れました。
7:42       地蔵岳 2,764m
7:43     賽の河原 奥は甲斐駒ケ岳
8:56       右奥に八ヶ岳。
8:57   遠くに仙丈岳が望めます;右は、赤抜沢ノ頭
9:57     観音岳に到着。2,840m
9:58     観音岳・三角点
観音岳からの眺め。左;甲斐駒ケ岳・右;地蔵岳・中央;赤抜沢ノ頭
記念撮影
8:44 タカネビランジがアッチコッチに咲いています。一面に咲いているところもあります。
10:00 日本第二位の北岳、そして今は奥穂高岳と同じ第三位の間ノ岳。
10:24 「ホウオウシャジン」今回、三株を見ました。初見です。興奮しました。
10:56 薬師岳に到着。今日の天気は西の方角は、晴れています。広島は豪雨なのに。
10:56       下山口は、右にあります。
11:00  中道への案内は左右の、岩に矢印が付いていました。
11:01 薬師岳を左に見上げながら、砂地に付いた踏み跡を見落とさないように下ります。   
11:18  なんと言う岩だろう。標識がないか探したけど分からない。
11:59--12:14    大休憩・昼食を取りました。
8:05   オベリスクに登頂した人がいます。
12:19      御座石;少し休憩
12:19   青木鉱泉まで、2時間45分と書いてあります。グッタリ。
13:09  登山道の両側は、いつの間にか笹原になっていました。
13:15     青木鉱泉まで、一時間40分。まだあるのかぁ〜
14:45     林道近くの小屋
2014年08月18日(月)〜20日(水)
天候 晴れ・チョット曇り
メンバー;単独
お腹が落ち着いた所で焼酎で一人宴会。
今日のメインディッシュ
半分使って短時間で。
食べ終わったら、トイレットペーパーで綺麗に拭き取ります。
小屋近くには、湧水がありました。一息つきます。
14;48    林道の傍の廃屋です。
14:48    林道に出ました。青木鉱泉まで40分?!!・・・・
15:33  飛び石の石がまだ水の中の沢を渡って、やっと着きました。
愛車が止めてある駐車場に戻ってきました。今晩も車中泊して明日帰ります。
 21日、早朝出発。木曽福島から田ノ原登山口でバードウオッチング。
風が強くて、ホシガラスは遠くを流されて飛んでいました。
早速、着替えを持って、温泉に入りました。¥1,000
カンビール¥450

今日の夕食。

国道20号線の交差点「宮脇」の手前に「青木鉱泉」の看板がある。
しかし、その後「御座石鉱泉」の看板はあるが「青木鉱泉」の看板が無い。
このY字の分かれ道を左に行けば、青木鉱泉に到着する。
途中、川原みたいになっている箇所もある。要注意。
右は
御座石鉱泉」へ。
19日の花 クリックしてください。
20日の花 クリックしてください。