終わり  ありがとう御座いました。

21日;いつもの通り、森本が定刻に迎えに来た。荷物は、前もって外に出しておいたので、積み込んですぐに出発。
    白鳥ICで降り、158号経由で勝山から山中温泉への364号の途中で153号に右に曲がり、しばらく走ると大日山への標識を右に曲がる。
    どんどん道なりで進むと、終点の真砂の駐車場に着く。窓を開けると、すごいアブの大群が入ってきた。慌てて草の無い所に退避したら、襲っては来なかった。
    荷物の確認(ザイル・ハーネス・ヘルメット)をして兎に角、この場を離れる。
    入渓地を地図で確認し、出発。徳助新道登山口の標識を左に見て、大日沢の橋を渡り、林道の終点まで進む。丸太の橋を注意して渡り、草に覆われた道を堰堤の先まで歩く。

   適当な所から、沢に入った。いよいよ、F15までの滝の連続の沢の始まり。甲山の大日避難小屋での泊まりなので荷が20kg近くある。
    日帰りならシャワークライムで直登したい滝もあったが、今回はなるべく濡れないで行く事にした。高巻するも、草つきの斜面は手ごわい。ずり落ちないで登るのに苦労した。
    いくつもの滝を越して先に進むが、10個を越した頃こら、高巻しないと越す事が出来ない滝が現れるとウンザリする。

   沢も狭くなり、終盤を迎えた。水をペットポトルに2リットル汲む。ここからが大変なのだ。一つ沢を間違えると、とんでもないヤブコギが待っている。
   二手に分かれた最後の沢であろうと思われる所を、右に取った。正解は左だった様だ。翌日分かった。でも30分のヤブコギで済んだ。
   稜線手前5mが中々進まない。左右から熊笹がかぶさり、おまけに木もこちにかぶさってきている。登山道に出た時には、おもわず「終わった」と叫んだ。
    右を見ると、すぐ上にガスが少し掛かった、甲山(かぶとやま)の大日小屋が見えた。まだだいぶ登らないと、だめかと思っていたので助かった。
    熊笹で登山道が見えないぐらいの道を登って、小屋に着いた。分厚い戸を中に押して入る。広いし綺麗である。
    全部脱いで着替える。陽が差している間は、外の熊笹の上に広げて干した。

   あまり、早く夕食をすると夜が長すぎるので、6時半に食事をする事にした。それまで周りの景色を見たり、干し物をひっくり返したりしていた。
   小生の夕食は、ペペロンチーノ。最近よく作る。森本は、中華丼二人分作ったので森本にも分けた。唐辛子が利いてうまかった。
   茹で汁は、朝食のクリームスープに。八時就寝。
22日;日の出は、5時25分。白山の左の方から昇った。食事を済ませ、6時に小屋の前で記念撮影。出発。
    いきなり朝露で濡れた熊笹の中へ突入。直ぐに全身ずぶ濡れ。大日山と甲山の鞍部に水場がある。この鞍部に出て来ればヤブコギなしで来れそうだったのだ。

   大日山からカタクリ小屋方面の道は、綺麗に下刈りがされていた。
   あまり早く下山すると、山中温泉の公衆浴場が開いていないと行けないのでピーク・ピークで休憩しながら下山。大日山から5kmの道のり。
   徳助の頭からの1.8kmはきつい下りでした。登りならこれだけで終わりか。登山口の沢で顔を洗い、そのまま車に乗り込む。着替えは、風呂でする。
   公衆浴場は、6時30分から開いていた。公衆浴場の「菊乃湯」は男女別で建物そのものが離れている。¥420

加賀・大日沢/大日山
2010年08月21日(土)〜22日(日)
天候;晴れ

メンバー:森本・さださ
21日(土)岐阜5:30--白鳥IC--勝山--8:22真砂駐車場(まなご)8:40--入渓地9:12--大日沢終了15:00--藪漕15:30--15:40大日小屋(甲山;かぶとやま;1,312m)
22日(日)大日小屋6:02--6:36大日山(1,368m)6:42--7:35小大日山(1,198.4m)7:45--8:17徳助の頭(1,053m)8:25--9:37徳助新道登山口9:40--9:44真砂駐車場--10:22山中温泉
8:36
真砂駐車場 今日はこの1台か。
アブが集中して、車の周りを飛び交う。
大日山周辺地図 大変に参考になりました。
8:44
徳助新道登山口を左に見ながら橋を渡って奥に進む。
8:57
池洞新道の登山口を右に見てさらに奥へ。
8:58
丸太の橋を渡って草に覆われた登山道へ。
9:07
堰堤が見えてきた。入渓地は近い。
9:12
沢に入る。水量は多くないようだ。
9:38
今回のルートには15個の滝がある。
9:50
日帰りなら、泳いで行くのだが。
10:15
この滝は、チョット危ないのでザイルを出した。
コケが付いて滑りやすい。
11:16
どこを攻めようか、思案中。結局、右を高巻いた。
11:34
すごい滑滝
11:38
左を高巻いて先に進む。
12:03
滑沢は、いいね〜。
13:25
この滝が、ザイルを出した最後の滝
13:48
F15と思われる、滝。
15:09
水が切れ、稜線は近い。
小屋
森本
15:33
稜線に出て、熊笹で覆われた道を、甲山の大日小屋へ。
翌日
18:45
甲山からの夕焼け
5:26
白山方面から朝日が昇ってきた。
6:02
小屋の前で記念撮影
6:36
大日山に到着 朝露の笹薮で、ずぶ濡れ。
小屋
甲山 大日山から。
7:20
小大日山(1,198.4m)
7:35
小大日山に到着
8:17
徳助の頭(1,053m)
9:37
登山口に着きました。
9:44
駐車場に戻ってきました。
山中温泉の時計 11時に見ていました。(道後温泉にも似たのがある。)
山中温泉 男湯
←足湯
菊乃湯  女湯
足湯  温泉は飲むことが出きる。
泉質;カルシュウム・ナトリュウム-硫酸塩泉
Ph;8.74
泉温;43度